blog

ギックリ三日目~、ウェットブラスト施工例。

投稿日:

 

昨日のブログアップ直後から沢山の方に心配&激励、ぎっくりアドバイス?等ご連絡頂きありがとう御座います。

結構みなさん経験してるんですね!!

 

思い起こせば昨年の今頃(3月ですが)はオシリの病で手術入院。
約一週間お店休んだ事がありました…あれもキツかったな~

 

なんか、毎年春を迎えるのがちょっと怖くなりそうです~

 

 

話をギックリに戻します・・・笑

ぎっくり腰は、やった直後より2日目、3日目の方が痛むと聞きますが、まさにそれですね!

一昨日の夜(ギックリ直後)より症状は悪化している様に感じます…

 

痛み止めのシップをし、コルセットでガッチリ腰を固定して、なんとかそ~っと歩いたり、車の運転は出来てるので、お店には出勤しておりますが、相変わらず全く作業らしい事は出来ておりません…泣

 

お店の中でも、そろ~りそろ~り歩いていると思いますが、、、

決して「能」を演じてる訳ではないのでアシカラズ・・・笑

笑うのが一番痛いですね!

 

 

 

作業が出来ないので、車検用の自賠責切ったり、まだ終わってもいない作業の見積り作ったりしております。。。

 

にしても、そんなにデスクワークは多くないので、これまで承ったSRパーツ以外のウェットブラスト施工例でもアップしてみたいと思います。
(画像ある分ですが…)

 

車屋さんから依頼のあった、空冷ポルシェのシリンダーヘッド

空冷ポルシェのヘッドなんて、私も初めて見ました!

 

さすが空冷!フィンが細かくて深い。

 

燃焼室や

 

排気ポートはカーボンびっちりで真っ黒。。。

ちょっと手ごわそうですね!

 

多分数十年前のとても希少なエンジンなんだと思います。

なので、ちょっと緊張しながらいつもより慎重に…

 

 

ウェットブラストマシーンに入れて、格闘する事数十分。。。

ピッカーン!!

 

細かいフィンの奥の奥まで。。。

 

びっちり固着していたカーボンもスッキリ除去!!

 

自分でやってて惚れ惚れしちゃいます~

 

ここまでキレイに出来るのはウェットブラストの他には無いですね!

どんな薬品やブラシ使っても絶対に無理でしょう。

 

また、サンドブラストではバルブシート面やバルブガイドを痛めてしまい使い物にならなくなってしまいますしね!

 

ウェットブラスト恐るべし!!

 

 

 

こちらは個人の方からご依頼のあった、カワサキGPZ900R?のエンジンパーツ2点

オイルパン?かな???

 

 

元々黒塗装だった物を途中まで手磨きで落としたみたいですが、途中で諦めたそうです。

 

 

 

汚れ、元の塗装残りの無い様に何度も確認しながら丁寧に施工。

思ったより少し時間が掛かってしまいましたが、ご覧の通りキレイに仕上がりました。

 

手磨きでは一生やってもこうは行かないでしょう。。。

 

 

どちらのお客様にも、仕上がりには大変満足して頂きました!
(ウレシイデスネ!)

 

 

いかかでしょうか? ウェットブラスト、やってみたくなりません???

腰が治ったらバリバリ施工しますんで、ご依頼お待ちしております~

 

施工例、もうチョット画像あるんで明日以降も続くかも。。。

-blog

Copyright© New Gate , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.